シミとそばかすの違いについて

シミとそばかすの違いはなんでしょうか?

 

化粧品の説明やその他の表記をみても、
「シミ、そばかす」とまとめて表記される事が多いので、
同じ様なものだと思われる人も多いのではないでしょうか?

 

実は、シミとそばかすは共にメラニン色素によるもので、
その見た目や原因、生成サイクルなどはほとんど同じなのですが、
全く別物なのです。

 

シミは後天的なもので、
そばかすは遺伝的なものが大部分だといわれています。

 

シミは、30代を過ぎた女性に良く現れますが、
メラニン色素が増えた状態で、頬や額、こめかみ、目の周りにできます。

 

その出来方の特徴は左右対称に現れる事です。
種類も様々で、老人性色素斑、肝斑、太田母斑などが有名です。

 

一方、そばかすは5歳くらいの、
幼児期から思春期までの間に発生する事が多い色素斑です。

 

 

紫外線を受けると色が濃くなる場合もあります。
目の周りや頬に出来やすく、米粒くらいの大きさのものが複数1箇所に現れます。

 

色の白い人にソバカスが出来やすいのは、
色が白いひとほど紫外線から実を守ろうとする働きが強いからです。

 

この働きを紫外線防御機能といいます。
紫外線防御機能の影響でそばかすが出来るのです。

 

遺伝的な要素が多いそばかすは、
日本人の様な黄色人種には少なく白色人種に多いといわれています。

シミとそばかすの違いについて関連ページ

簡単に毛穴の黒ずみを取る方法
簡単に毛穴の黒ずみを取る方法はないの?お手軽な方法があるんですよ!
ニキビ予防にはクレンジングを工夫しよう
ニキビを予防するには、どのような洗顔方法やクレンジング方法に配慮した方がいいのでしょうか?